AMNESIA(V Edition)の紹介と感想

amnesia

タイトル:AMNESIA(vitaタイトルはAMNESIA V Edition)

発売日:2011年8月18日(PSP)

ジャンル:女性向け恋愛AVG

レーティング:C(15才以上対象)

※当記事はほぼネタバレを含みません。(公式サイト、雑誌等に載っているネタバレレベル)
ネタバレが見たい方は個別ルートごとの感想へどうぞ。
ゲーム概要知ってるよ!って方は下の方にある個人的感想を読んで頂けると嬉しいです(笑)

 

マルチタイトル(同じ内容のタイトル)

AMNESIA(PSP)

AMNESIA V Edition(vita)

AMNESIA(有料アプリ)

 

シリーズ作品

AMNESIA LATER(続編)

AMNESIA CROWD(続編)

AMNESIA World(番外編・少しだけ続編)

 

概要

8月1日。主人公が突然記憶を失い、「オリオン」という精霊に出会った所から始まります。

主人公は自分がどんな人物なのか、誰とどんな関係かがわからない状態に。

目が覚めてみると1人の男性と出会い、彼は主人公の「恋人」だと名乗ります。

そこから主人公が記憶を取り戻すまで、様々な事件に巻き込まれたり、彼と過ごす物語です。

そして主人公が記憶を取り戻した時、知らなかったある事実が・・・。

 

乙女ゲームですが、サスペンス要素が強いです。

かなりホラーな描写や死の表現があるので、苦手な方は要注意。

糖度はこの作品は高くないのですが、続編はかなり糖度が高めなので
シリーズを通しては、十分に甘い恋愛を楽しめると思います。(こちらについては感想に詳しく書いています)

 

主人公は記憶を失ったこと以外はごく普通の大学生で、バイトに励んでいます。

舞台も都内ですし、精霊やサスペンス要素以外はごく普通の現代での物語になっています。

 

ゲーム開始数分でどの世界に入るかという選択肢が与えられ、その選択肢によってどのキャラクターを攻略するかが決まります。

各ルートの内容は独立しており、全てが違うストーリーで描かれます。

パラレルワールド的なものになっていて、1人のキャラがある世界では恋人だったり、ある世界では旅行先で出会ったあまり面識のない大学生だったりします。

 

攻略対象キャラクター

シン、イッキ、ケント、トーマ、ウキョウの5人。

4人攻略後にウキョウルートがプレイ出来るようになります。

キャラクター説明はそのキャラクター攻略する世界のものなので
他キャラクターのルートでは主人公との関係性が違ったりします。

シン(CV:柿原徹也)

主人公より1歳年下の幼なじみ。
受験生で、主人公と同じ大学に行くために勉強中。

ちょっとキツイ面もありながら、主人公に対してはすごく優しく男前です(笑)

いわゆるツンデレキャラってやつですかね?

イッキ(CV:谷山紀章)

主人公のバイト先の先輩。
目が合った異性を恋に落としてしまう特殊能力の持ち主。

ファンクラブが出来てしまう程のモテ男です。

私はイッキルートの最初かなりイライラしましたが
後半になるにつれて良い本性が出てきて、今ではわりと好きです(笑)

ケント(CV:石田彰)

数学科の大学院の院生。
ぶっきらぼうで、恋愛感情を割り切っている。

ケントさんはかなり堅物な人です。

だんだん愛情は見せてくれるのですが、ひたすら純粋(笑)

トーマ(CV:日野聡)

主人公より1歳年上の幼なじみ。
小さなころから主人公のお兄さん的存在だったという。

AMNESIAで一番の人気キャラトーマさん!

一見何の変哲もないいい人に見えて、かなり衝撃的な展開を見せてくれます。

ウキョウ(CV:宮田幸季)

ふらっと現れる謎の人物。
かなりのど天然でよくわからないキャラクター。

他のルートでは少し怖いキャラとして登場するので
攻略できるようになった時点では誰もが警戒してしまうと思います(笑)

しかしウキョウさんルートが全ての物語のアンサーになっているので怖がらずに仲良くしましょう(笑)

 

個人的感想

AMNESIAは乙女ゲームの中でも、かなりハマりました。

私が購入したのはV EditionというVitaの移植版なんですが
こちらの方が価格が安く、画面が綺麗になっています。

かなりサスペンス要素が強く、読みながらも頭の中で犯人や真相を考える楽しみがありました。

普通の乙女ゲームは午前0時を過ぎたぐらいには「続きは明日しよう♪」って終われるのですが
AMNESIAは続きが気になりすぎて、ついつい明け方までやっちゃいました(笑)

購入を検討している方に1つ注意して頂きたいのが、AMNESIAはわりと怖いです。

  • ホラー要素もありますし、BAD ENDでは主人公が高確率で死にます(笑)
  • 攻略対象のキャラクターが別ルートのHAPPY ENDで死にます(笑)
  • 攻略対象キャラクターが夢に出てくるレベルで怖く登場します(笑)

薄桜鬼等もプレイ済みの私でも、夜の外出が少し怖く思いました\(^o^)/

グロイ表現などは控えめですが、怖いの苦手な方はその辺はご注意を!

ゲーム全体のストーリーとしてばボリュームもあって、とても良く出来ていると思います。

特に嬉しいのが、冒頭でキャラを選んで、そこからは完全個別ルートな点。

キャラクターごとに毎回同じストーリー進めるのが好きじゃないので嬉しかったです。

1つ1つルートで内容が全然違うのですが、どれも面白い!

ネタバレになるのであまり詳しくはお伝え出来ませんが、サスペンスが好きな方にはかなり良いかと♪

いちゃいちゃラブラブな展開は他の乙女ゲームよりも少ないです。

ただし、続編のLATERとCROUDでは今作でHAPPYENDになった後の展開が描かれており
こちらはかなりいちゃいちゃラブラブできます。

っていうか、いちゃいちゃラブラブしたい人向けのゲームになっています(笑)

私的には、AMNESIAはシリーズ通してプレイすることで、より楽しめるゲームです。

怖い描写が苦手でなければ、是非プレイしてみて下さい!



ブログランキング参加中!
クリックご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ 

このページの先頭へ